病理医のキャリアアップの道とは

医師は、一般のサラリーマンなどと同様にキャリアアップを目指すことができる職種です。
医局にそのまま勤めながらそれを目指す道もあるでしょうし、転職をしてキャリアアップを目指すケースもあるでしょう。

病理医という道を選択した人は、どのように医師としてのキャリアを構築していけばいいのでしょうか。
この職種を選んだ人も、もちろんさまざまな方法でキャリアをアップさせることが可能です。

大学教授になるという選択も考えられます。
大学病院内で研究や病理診断に勤しみ、それを続けながら大学教授となれば、自らの考える教育環境作りや病理部を組織することにも貢献できるでしょう。

病理はまさに研究分野であるため、理解ある大学教授の元ではのびのびと研究に打ち込むことが可能です。
そうした環境を自ら作れるとなれば、こうした立場を目指す価値が出てくるのではないでしょうか。

大学病院とは別に医療系企業へ転職し、大学病院等で学んだことをその医療系企業で発揮するという道も考えられます。

企業への転職は病理医のキャリアの選択としてはあまり王道ではありませんが、学術担当者として病理医を招き入れる製薬メーカーなども出てきていますから、そうした選択肢もあることは知っておいて損はないでしょう。
病理医が勤める主な施設や機関

  病理医としての独立開業は可能か

医師の中には独立を目指す人も数多くいます。
しかし、病理医はあまり独立開業向きとは言えません。
なぜなら、患者と接することのない分野だからです。

医師が独立開業し自らのクリニックを設けた場合、患者がそこに訪れることで事業が成立します。
患者と接することがなく、どちらかと言えば上で触れたような研究が業務の主となるわけですから、やはり独立するというのは現実的ではないでしょう。

もちろん、不可能なわけではありません。
病理診断科を標榜することは可能であり、実際に病理診断科としてクリニックを開業している医師も存在しています。

そのようなクリニックは患者を相手にしているわけではなく、病院等から病理診断を依頼され、言ってみれば各医療機関の院外病理診断部として事業を行なっているのです。
やはり内科や外科などと比べると、少し特殊な診療科目と言えるでしょう。

キャリアアップには独立開業も含めさまざまな選択肢がありますが、需要と現状、そして自身の能力や価値観等と向き合いながら最終的にベストな道を選んでいくことが求められそうです。
専門病理医を目指す